三陸トレイル & トレイン

サステナブルな、みちのく潮風トレイルの冒険。

サステナブルな、みちのく潮風トレイルの冒険。

ローカル列車で楽しむ三陸のトレイル

ローカル列車で楽しむ三陸のトレイル

初めての「歩き旅」 地元ガイドのおすすめ

初めての「歩き旅」
地元ガイドのおすすめ

私のおすすめの歩き方

久慈広域観光協議会 貫牛利一
貫牛 利一

KANGYU Toshikazu
久慈広域観光協議会

みちのく潮風トレイルルートには、日本一の風景や人々の暮らしと文化、歴史、受け継がれてきた食文化があり、トレイルを歩くなかで生まれる人との交流も楽しめます。
最大の魅力は、海の景観をダイナミックに感じるスポットの豊富さです。 日本一美しい断崖やリアス海岸ならではの風景、恵み豊かさが目白押しです。
JR八戸線や三陸鉄道線など列車が走っている区間もあるので、トレイル&トレインウォークはいかがでしょうか。
海のトレイルならではの楽しみが皆様をお待ちしております。さあ、みちのく潮風トレイルウォークへお出掛け下さい。

合同会社歩く東北研究所 後藤光正
後藤 光正

GOTO Mitsumasa
歩く東北研究所

冬のトレイルが私のおすすめ。11月はまだ紅葉も見られる地域も多くあり、12月は葉っぱも落ちて海側の絶景がよく見えます。そしてサクサクと落ち葉を踏み締めながら沿岸部を歩く心地よさがまたいい。ちょっと肌寒い風を浴びつつも早朝澄んだ空気の中、太平洋の地平線から登る朝日の光を浴びてからのトレイルはまた格別。雪も積もることが少ない沿岸部だからこその楽しみがそこにあります。

株式会社クレセント 大坊千文
佐藤 千文

SATO Chifumi
クレセント

三陸鉄道に乗り、初めての駅に降り立つ。ここからワクワクが始まります。
「トレイルですか?」と人懐っこく挨拶してくれる地域の子どもたち。毎月の週末には、商店街の店先にテイクアウトのおでんやたい焼きが並び、誘惑が多くて全然前に進めない(笑)お店のお母さんとの楽しい会話が止まらない♪
山のトレイルにはない、地域住民とのコミュニケーションは、とても新鮮で日常を忘れさせてくれます。こんなトレイル体験もおすすめです。

profileimg_shimodate.jpg
下舘 超希

SHIMODATE Tatsuki
久慈市産業経済部商工観光課

雄大な太平洋に沿って約1,000㎞をつなぐ「みちのく潮風トレイル」。
久慈市区間の海岸線ルートにも絶景スポットがたくさんあります。侍浜海岸にある「侍石」や小袖海岸にある「兜岩・つりがね洞」が代表的で、岩盤に波が打ちつける荒々しい風景は迫力満点。自然の偉大さを感じることができます。
また、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった久慈市。ドラマゆかりのロケ地巡りを楽しんで歩くことができるのも魅力の一つです。

こんにちは!ようこそみちのく潮風トレイルへ!沿線に暮らす私たちは、ハイカーさんとお会いするのを楽しみに生活しています。
私のおすすめはこの地で暮らす住民のみなさんすべてです。小さいころから海と親しみ、海の恵みをいただき、時に牙をむく海と共に生きてきました。山を越え谷を下り、小さなコミュニティで生きてきた我々に、ハイカーの皆さんがこの地の素晴らしさを教えてくれました。どうぞ見かけましたら声をかけてください!恥ずかしくて声かけられませんから~~笑

前川 正樹

MAEKAWA Masaki
普代村観光振興室

赤坂 広太

AKASAKA Kota
体験村・たのはたネットワーク

北三陸には海の壮大さと森のやすらぎを感じられる道が続いています。その中でも私のオススメは田野畑エリアです。
田野畑駅から机浜番屋群までは震災の記憶と復興の様子を感じられる道です。机浜番屋群から北山崎までは高低差の激しい道が続くので、無理をせずタクシーなどの公共交通を使っての移動もありです。
みちのく潮風トレイルのコースは、歩くことで「旅すること」の楽しさや気づきが得られます。
皆さんで楽しみましょう!

みちのく潮風トレイルはただ歩く道ではなく、歩きながらその地域ならではの文化・歴史・食そして景色を楽しめるトレイルになっています。そのため、時間をかけてその場所その場所で体験・経験できることをしながら歩くのがおすすめです。例えば地元の市場でローカルな方々と一緒に食事をしたり、復興活動で始まった洋野エモーションに参加したり、昔からの作法で塩を作ったり、カヤックで海に出て景色を違う目線から楽しんだりすることできます。ここでしか体験できないトレイルの魅力を体験してみませんか?

階 ケイティ

SHINA Katy
みちのりトラベル東北

西谷雷佐
西谷 雷佐

NISHIYA Raisuke
インアウトバウンド東北

みちのく潮風トレイルには金華山・浦戸諸島など複数の島々がルートに含まれています。島ならではの景色と暮らしぶり、そして島に渡る際の渡船の旅情が大好きです。

このトレイルはその名のとおり三陸海岸沿いにあるので、美しくかつダイナミックな海岸美を側に歩けるのが贅沢。なにより地域の方のウェルカムな温かいおもてなしが迎えてくれるので、歩くこと以外にもたくさんの思い出ができること間違いなし。もちろん新鮮な三陸の海の幸、山の幸も!ゆったり気軽に歩くのなら、種差海岸がオススメ。ほぼ平坦で、季節によってかわいいお花が迎えてくれますし、潮風を感じながら広〜い砂浜を歩いたり♪ガッツリ歩くのであれば、北山崎から田野畑は高低差が大きくタフなルートなのでアドベンチャー感たっぷりです!

櫻庭 和歌子​
櫻庭 和歌子

SAKURABA Wakako
みちのりトラベル東北

佐々木 洋介

SASAKI Yosuke
一般社団法人 浄土日和

「日本のふるさと」を体感できるのがこの「みちのく潮風トレイル」。歩いていると、 地元の方々が地域の方言で声を掛けていただき、それがハイカーにはホッとする時間になります。 私の宮古周辺エリアでは、波の音を聞きながら歩ける自然歩道や海岸絶景を望みながらアップダウンが連続するチャレンジコース、初めて歩いてみる方向けのショートコースなど、みちのく潮風トレイルコースの多様な特徴を感じることができます。